くすみの原因を知ろう!くすみがない透明肌は-5才若く見える?

くすみを改善したら-5歳肌になった?!くすみの原因はなに?

 

 

くすんだ肌とは、
お肌の一部が暗く透明感のない状態のことです。

 

また、
お肌の一部で暗く影のように見えている部分のことを「くすみ」といいます。

 

くすんだお肌は実年齢よりも老けて見える要因になりますので放っておかないようにしましょうね。

 

 

くすみの原因

 

くすみも、シミと同じように過剰なメラニンの蓄積のほか、肌表面の乾燥、角質肥厚、血行不良などのさまざまな要因が考えられます。

 

紫外線紫外線ダメージや老化などによりお肌のターンオーバーが乱れると、古い角質がはがれず厚くなり、透明感がなくなってきます。

 

乾燥肌が乾燥してカサつくと角層のキメが乱れ、肌表面が凸凹して光が乱反射するため、顔全体が暗い印象になってしまいます。

 

血行不良血液やリンパの循環が悪くなると、お肌の細胞は十分な酸素や栄養を受け取ることができなくなって新陳代謝が低下し、ターンオーバーが遅れてしまいます。

 

つまり、
「紫外線・乾燥・ターンオーバーの乱れ」がくすみの主な原因と言えるんですね。

 

 

今、一番注目されているくすみが「黄ぐすみ」という肌の糖化と言われるものです。

 

糖化とは、体内に存在するタンパク質が糖と結びついて体内に蓄積することです。

 

ご飯を例に例えると、
たきたてのご飯は白くてツヤツヤしていますが、放置して時間が経つと薄茶色くなって、カピカピになってしまいます。

 

これと同じことが肌で起こっていると考えるといそいでケアしなくちゃって気になりませんか。

 

食事でと糖分を過剰に摂取すると、体内で処理されず血中に溢れた糖分はタンパク質と結合し「糖化」してしまいます。
その結果ハリの無さや透明感の原因になってしまうんです。

 

よく「肌のこげつき」とも言われる「糖化」ですが、
甘いものの摂取は控え、食物繊維を多く含む野菜などを積極的に摂取することで防いでいきましょう。

 

また、スキンケアによる肌の表面からのケアでもくすみは改善できます。

 

当サイトで紹介しているスキンケアは全部くすみ抜けの効果が高いのでどれもおすすめです。

 

 

 


比較ページへのリンク画像