シミを薄くするのにハイドロキノンは必ず必要?

シミを薄くするのにハイドロキノンは必ず必要?

 

 

できてしまったシミを薄くするためにはよくある美白ケアというものでは薄くすることはできません。

 

そこで必要になるのがメラニンを還元する作用のある成分です。

 

よく知られているのがビタミンC誘導体。

 

「今はシミやくすみはないけれど、予防のために美白したい」という場合には、メラニン抑制効果のある美白成分を含んだ化粧品を使います。

 

「すでにできてしまっているシミやくすみを消したい」という場合には、還元効果のある美肌成分を含んだ化粧品を選びましょう。

 

 

医薬部外品として厚生労働省の認可を受けた美白成分の入った美白化粧品は、効果も期待できますし、安心感もあります。

 

また、医薬部外品として認められているということは、シミやくすみ、そばかすなどのお肌に対する改善効果が、臨床的に実証されていることを意味します。

 

美白化粧品を選ぶ際には、成分を確認して、厚生労働省認可の美肌成分が入っているものを選ぶのが、もっとも安心で効果を期待できるといえるでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体はこの政府が認めた成分なので多くの化粧品に使用されています。

 

 

あれ!?
ハイドロキノンは入ってないの?
って思いませんか?

 

そうなんです。
シミを還元する効果や予防する効果が高いことは医学的に証明されているので皮膚科でも処方されているのですが、厚生労働省認可の美白成分には入っていないんです。

 

だからといってハイドロキノンが危険な物質というわけではないのでご安心ください。

 

ハイドロキノンはいちごや麦芽、紅茶などにふくまれる天然の成分なんですよ!

 

 

ハイドロキノンはアルブチンやコウジ酸といった厚生労働省が認可した美白有効成分の約100倍もの効果があると言われています。

 

なのでハイドロキノンを含むスキンケアを選ぶ方が効率よくシミへの効果が期待できることは間違いないでしょう。

 

ハイドロキノンとビタミンC誘導体の両方でシミに攻撃をするスキンケアもあります。

 

この2つの成分が入っていれば最強?って感じがしますね。

 

比較ページへのリンク画像