プラセンタって美白に効果あるの?

プラセンタって美白に効果あるの?

プラセンタは最近ではとてもメジャーな成分になっていますね。

 

多くの雑誌でも、TVでもプラセンタという言葉をよく目にします。

 

プラセンタといえば、エイジングケアに有効な成分というイメージがありますが、
美白への効果はどうなのでしょうか。

 

厚生労働省が認可している美白有効成分の中にプラセンタは含まれています。

 

厚生労働省がメラニン生成抑制作用があると認可した成分

 

●ビタミンC誘導体
●アルブチン
●コウジ酸
●エラグ酸
●ルシノール
●リノール酸
●4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
●マグノリグナン
●プラセンタエキス

 

プラセンタはメラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する成分として国に認められています。

 

メラニンを作る酵素チロシナーゼの活性化を阻害する効果というのは
簡単にいえば、シミやくすみの元となるメラニンを作らないようにする働きのことです。

 

 

つまり、シミができるのを予防してくれる効果があるんですね。
よってプラセンタは美白に効果があると言えます。

 

 

ただ、できてしまったシミを薄くできるのかというとハイドロキノンやビタミンC誘導体にはかなわないと言えます。

比較ページへのリンク画像