紫外線が一番の原因!紫外線対策は必ずね!

紫外線が一番の原因!紫外線対策はしっかりと!

 

こんな綺麗な青空。

 

太陽の光をめいっぱい浴びて日光浴なんて気持ちよさそうですよね~~。

 

でも、そのあとの肌はどうなるのでしょうか。

 

何年か跡になってシミとなってあなたの顔に現れてくるでしょう。

 

ひゃ~。
やっぱり外で遊ぶのはやめようかしら・・・

 

そとで紫外線にさらされる時は日常生活でも気を抜いてはいけません。

 

私たちの肌に届く紫外線にはUVーAとUVーBがあります。

 

 

UV-Aの肌への影響

 

UVAは、肌に急激な障害を与える作用は弱いのですが、太陽から届く紫外線の約9割を占め、肌に蓄積的なダメージを与えます。
肌の奥の真皮にまで侵入し、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのです。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。

 

 

UV-Bの肌への影響

 

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割と量は少ないのですが、肌への作用が強いため、短時間でも肌が赤くなるサンバーン(日やけによる炎症反応)や、数日後に肌が黒くなるサンタン(色素沈着反応)を引き起こす作用があります。波長が短いUVBは、炎症やしみの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いのです。

 

 

 

紫外線を浴びたままにしておくとと肌がしわくちゃばああになっちゃうぞ!

 

紫外線を長年にわたって浴びることで、
しみやシワ、弾力の低下といった肌の老化を促進し、さらには皮膚がんを誘発する原因になることがあります。

 

加齢にともなう老化と比べ、UVAがもたらす光老化は、硬くゴワゴワした肌に深いシワが刻まれるのが特徴です。

 

ヒマラヤやネパールなどの高地に住む人たちは紫外線の影響を受けやすく、20代からこの症状があらわれることもあります。

 

また、年齢を重ねた肌ほど抵抗力が弱くなるため、UVAによって肌細胞の老化が起きやすくなることも、研究によって明らかになっています。
つまり、加齢とともに、より紫外線への注意が必要になってくるのです。
(ここまではKOSEのサイトより引用)

 

だから、毎日のケアには日焼け止めが必要不可欠なんです!

 

真夏のレジャーには国内最高基準のSPFは50+、、PA++++という最高値のものを選びましょう。

 

SPFが強い程、肌の奥までとどくUVーAをしっかり防いでくれます。
シワやたるみ、肌の黒ずみを防いでくれます。

 

またPAは肌の表面にダメージを与えるUVーBを防いでくれます。
シミやそばかす、肌が赤くなるのを防いでくれます。

 

だから、毎日のケアには日焼け止めが必要不可欠なんです!

 

ちょっとした作業でも紫外線を肌に浴びないようにマスクをするとか、日焼け止めを塗るなどの対策を必ずしましょう。

 

 

シミを薄くできれもすぐにまたできないようなケアも必要ですよ!

 

美肌には努力が必要なんですね!

 

比較ページへのリンク画像